【cloisters-jamaica.com】 スノーボード初心者の練習

スノーボード初心者の練習

【cloisters-jamaica.com】 スノーボード初心者の練習 スノーボードは、始めからうまく滑れる人はいません。スキーと違い両足とも固定されるので慣れるまでは難しいです、そのため、一番初めはインストラクターや、上手な人に教えてもらうといいです。そして、ゲレンデ選びも大切です。上級者が多い、斜面の急な場所は難しいので初心者コースがあるところを選びましょう。ゲレンデにはリフトがありますが、初心者の人はボードを足につけたままリフトを降りることがとてもこわいです。リフトを降りるとき転んでしまうと、リフトを手動で止めてもらえるので後ろの人とぶつかることはほとんどありませんが、リフトを降りるところは雪が硬く、転ぶととても痛いので気をつけなければいけません。

リフトに乗るまでに軽い斜面を使って練習から始めます。ボードをはめたまま移動をするときは片方の足を外しておきます。外した方の足で地面を蹴りながら少しずつ移動をします。スノーボードで大事なのは体重のかけ方です。体重をかけることによって行きたい方向に滑ることができます。そして、前に転ぶと危ないので常に後ろに体重をかけることを意識しておいたほうがいいです。通常スノーボードは、前方向を向いたり、後ろ方向を向いたりしてターンをしながら進みますが、後ろ向きは難しいので前向きだけの木の葉を練習します。左右に進んでいくのでゆっくり下に降りることができます。コツを掴むと簡単にでき、楽しくなってきます。

Copyright (C)2014【cloisters-jamaica.com】 スノーボード初心者の練習.All rights reserved.